忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

衝突


アメリカ、Amazonとグーグルが2013年は衝突するらしいです。Amazonとグーグルのライバル関係は10年前からのようです。ライバル関係になるにいたったきっかけは、アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、グーグルのデジタルカタログ計画を知った10年前。これがアマゾンとグーグルのライバル関係なるきっかけ。ベゾスCEOは、いずれグーグルがアマゾンの市場に踏み込んでくる可能性があると警戒していたようです。グーグルは色々な分野というか市場に参入できる能力を持っているのですねぇ・・・。素晴らしい。2013年のアマゾンとグーグルの関係は注視しておいた方がいいかもしれません。2012年第三四半期では、アメリカでオンラインショップを利用した30%が、アマゾンのサイトで買い物をしたい商品の検索をしたというのに対し、グーグルなど検索エンジンから商品を検索したと答えた人は13%。2年前は逆だったと言いますから、アマゾンの勝ちでしたね今回は^^。

被リンク対策とリスクはセット。末端URL群でSEO集客しリスク限定
日本語URLの元たる「符号URL」には幾つか種類有。UTF-8、EUC、シフトJIS等
中小検索エンジン登録で期待できるのは「短期的な被リンク効果」のみ

自分の過去世を知るならヒプノサービス
催眠前世

愛媛県松山市の多量芥の処分サービス
ゴミ 回収松山

ペンギンアップデート影響大なら新サイトに建て替えが最適な解決方法
「被リンクのあて」を確保するのが先。SEO集客用コンテンツ作成は後
「QDF」と「不動の1位表示」ではSEO対策の方向異なる
1サイト1被リンク、リンク設置ページのインデックス登録に時間掛かる
対策開始時に「勝てるキーワード」選んだお客様のみ今現在も栄えている
賢い検索エンジンGoogleで上位表示迄に必要な期間。ビッグキーワード
URLのドメイン名のみ異なりディレクトリ名ファイル名は同じ。問題は?
被リンク対策のみのサービス提供(販売)も可能。SEOサービス種類・大別
被リンク対策中のURLの検索順位は安定せず上下に動くのが普通
競争の激しいキーワードで安定上位表示狙うにはSEO対策の継続必要か?
PR